レコード、カセットテープ、VHS、CD、MD、DVD……。さまざまな形態、さまざまなパッケージで音楽や映像が届けられる際に、いつでも僕たちの目を楽しませ、心躍らせてくれるのが、そのジャケットを始めとしたデザインです。が、今や配信が主流の時代。"手にとって楽しむ"アートワークの役割も変化のときを迎えています。ここからデザインのあり方、見せ方は、どのように変わり、どのような流れを作っていくのか。どのようにして音楽に寄り添い、またどのようにして音楽を引き立てていくのか。このコーナーでは、新旧ジャンルを問わず、さまざまな分野で活躍するクリエイターたちに"現在のデザインのあり方、魅力"についての話を聞いていきます。一緒に"デザインの未来"について考えていきましょう。

100th Music Creator #2 為永泰之

為永泰之(タメナガヤスユキ)

職種:アートディレクター

■主な制作実績
・baby's star jam / Schroeder-Headz/2011/PLANKTON
・00:00:00/□□□/2009/commmons
・everyday is a symphony/□□□/2009/commmons
・STEP UP !/comachi/2010/Knife Edge/ポニーキャニオン/グラフィックのみ
・LTD/Limited Express has gone?/2009/ディスクユニオン
・TOUR 2007 "Thinking Out Loud" Final at 日本武道館/BONNIE PINK/発表年度:2008/Warner Music Japan Inc.
・江ノ島/へきれき/2005/Air Play

Profile

1977年生まれ、福島県出身。東京造形大学卒業後、クリエイティブユニット生意気でのアシスタントを経て2003年独立。同年に佐伯宗俊とデザインユニットblack★bath主宰。2006年に法人化。グラフィック、映像、WEBを中心にさまざまなメディアで活動中。

http://black-bath.com/

■あなたがこの道に進むことになったきっかけ
中学高校と音楽が好きで友人とバンドを組んだり、そのフライヤー作ったりし、何かモノを作る仕事をしたいと思い大学を選びました。大学時代は自分たちのイベントのフライヤーを作ったりVJをしたりし、ひょんなことから生意気のアシスタントになり、自然に今の自分になったような気がします。
■思い出に残る制作のエピソード
□□□の「00:00:00:00」のMVの制作。撮影用のプロップから自分たちで制作しました。
狭いオフィスの中ギュウギュウで、毎日ペンキを塗ったり、組み立てたりしたのが思い出です。
■あなたが仕事を通じて伝えたい事
見る人、使う人がハッピーになれるものを作りたいと思ってます。
■100年後も残る~クリエイティブ、またその未来について思うこと
その時代を代表するデザインというのは、きっとその時代とがっちりマッチしたときに生まれるデザインなんだろうなと思います。
最新の技術や素材との出会いと、運や直感が必要なんだろうと思います。
■「もの」をエザインする事へのこだわり
ぱっと見て気づかない、もしかしたらずっと気づかれないようなディテールにも、自分がやりたいと思ったら魂をこめるのがこだわりです。

Page Top

100th Music Creator Archives
COMING SOON
Creator #2 為永泰之
Creator #1 梁間修作