100年 MUSIC SHOWCASE 出演者座談会!

100年MUSIC SHOWCASE出演者座談会 前編

 ピアノ弾き語りのスタイルで伸びやかに、ときに繊細に感情を伝えながら、豊かな情景をそこに表わす指田郁也。卓越したギター・テクニックを持ちながら、夢を追うことや友達の大切さをまっすぐに歌う伊藤祥平。顔を見せていなかったときから情感豊かな歌そのものの力で多くの人を振り向かせてきた山根万理奈。切なさの成分を含んだしっとりした歌声が魅力の中嶋ユキノ。
 3月22日に渋谷クラブクアトロで行なわれる「100年MUSIC SHOWCASE」を前に、出演者4人が音楽に対する想いや考え方などを、とても真剣に語り合った。それぞれの個性も明確に表れたこの音楽座談会の模様をお届けしよう。

  • 伊藤祥平
  • 山根万理奈
  • 中嶋ユキノ

Page.1

  • Prev
  • Next
――まずは、デビューしてからどんなふうに意識が変わっていったかを話していただけますか?
伊藤祥平「自分は福岡でずっと音楽活動をしてきたんですけど、そのときは自分へ向けて音楽をやっているような感覚で、それが楽しかったんです。けど、デビューをきっかけに、客観的に曲を聴いたり書いたりするようにもなって。自分だけのことではなく、たくさんの人たちを連れていけるような楽曲というか、そういうことも意識して書きたいと思うようになりました」
指田郁也「僕もデビューする前にライブハウスをまわったりしてたときには、自分で歌って自分でスッキリみたいなところがあったんですけど、やっぱりメジャー・デビューしてみると、聴いてくれる人ありきで曲を書くようになって。そういうところで意識の変化はありましたし、書く歌詞の目線も変わったりしました。デビューする前は僕、暗い曲ばっかりだったんですよ。暗い曲のオンパレードだったんですけど(笑)。デビューしてからは"ライブで盛り上げられたらな"とか、そういうことも考えて書くようになりましたね」
山根万理奈「私も個人的すぎる曲とか、どっちかというと暗めの曲を歌うことが多かったんですけど、これからもっとライブで盛り上げられる曲をやっていきたいなと思いますし、あとお二人の話を聞いてちょっと安心したのは、デビューするまでは自分が楽しければみたいな気持ちだったっていうところで。私、まさに趣味からのスタートだったんですよ。趣味で好きな曲を歌って動画サイトにアップしたことがデビューのきっかけになったので、デビューしてからは今までとは全然違うなって戸惑っていました。あと、最初は私、顔を出していなくて。で、先月出したばかりなので、そこからまたいろんなことが変わってきて、最近はライブの見せ方とかもすごく意識するようになりましたね」
中嶋ユキノ「私は去年の3月に"桜ひとひら"という曲を配信先行で出して、CDとしてはやっと来月出るんですが、デビューする前とあとで歌の中身はそんなに変わらずというか。変わったというより、もっと伸ばしていきたい部分が増えたって感じですね」
――デビューしてみて、驚いたこととかありますか?
指田「僕はもう毎日驚いている感じで(笑)。プロモーションひとつとってもそうですし。あ、こういうことがあってCDって出来ていくんだ、とか。デビューする前は、自分で曲を作って、いい曲ができたら、"はい、それをCDにしましょう"っていうものだと思ってたんですけど、実際は事務所があって、レコード会社があって、ほかにもまわりにいろんな人がいて、いろんな人の意見で出す曲も決まっていって。自分が作った1曲に対してものすごくたくさんの人が関わるんだなって。それが一番驚いたことですね」
山根「わかります。私もビックリしましたね。全然想像してなかったことで」
伊藤「自分もそれは感じるんですけど、でも日々新しいことばかりで新鮮ですね。充実した生活を送れてる気がします」
――生活パターンは変わりました?
伊藤「変わりましたね。あ、みなさんはどうですか? 夜型ですか?」
指田「僕、夜型です」
中嶋「夜型です」
山根「曲とかに関しては夜ですね。でも私、まだ大学生で、3月に卒業なんですけど、デビューしてから半年ちょっとは島根県と東京を行き来していて、3月から東京の生活が改めて始まるので、そこからまた生活スタイルが全然変わるんじゃないかなって思ってるんです。今までは授業があったから夜型だとけっこうきつかったりしてましたけど」
中嶋「私は完全に夜型ですねぇ。人間のサイクル的には朝ちゃんと起きたほうがカラダにも脳にもいいって言いますけど……。朝曲書く派と、夜曲書く派では、できる曲が全然違いそうですよね。夜書く派ですか?」
指田「僕は夜ですね。夜チームです(笑)。完全に夜型。夜中の12時を過ぎてから目が覚めるぐらいの」
伊藤「ええっ?!」
指田「へへ。あ、でも夕方書くことも多いです。5時頃とか。夕陽の時間あたりに。デビュー・シングルに入ってる曲は夕方書いた曲で、それは10分くらいで出来たんですけど」
中嶋「いつもと違う時間に10分くらいで書いた曲が意外とよかったりとかしますよね?!」
指田「そうなんですよね。でもやっぱり僕は夜中から書き始めることが多くて、出てこないときはず~っと出てこなくて。出てこなければ1回離れたほうがいいんでしょうけど、僕、机に向かっちゃうとずっと抜け出せなくなっちゃって、そのまま朝の10時とか」
伊藤「まじですか? そんないきます?」
指田「そんないきますね」
山根「ずっと集中してる感じなんですか?」
指田「いや、途中でYAHOO!ニュースとか見ちゃいますけど(笑)」
伊藤「あははは。見ますよね!!」
指田「うん。あと、You Tubeがくせもので」
中嶋「You Tube、まずいですよね! あの誘惑が…」
指田「無限ですね(笑)」

  • Prev
  • Next
Android用アプリ「ライブツール for 100年MUSIC SHOWCASE」

NTTdocomoよりワーナーミュージック・ジャパンプロデュースのAndroid用ライブアプリが登場。

サイリウムや拍手、掛け声などライブを盛り上げるツールが満載。100年MUSIC SHOWCASE出演のアーティスト情報、関連ニュースも掲載されているのでAndroidユーザは、是非インストールしてライブを盛り上げよう!
更に、アプリインストールをした方には、ライブ招待応募のチャンスもあります!