100年 MUSIC SHOWCASE 出演者座談会!

100年MUSIC SHOWCASE出演者座談会 前編

 ピアノ弾き語りのスタイルで伸びやかに、ときに繊細に感情を伝えながら、豊かな情景をそこに表わす指田郁也。卓越したギター・テクニックを持ちながら、夢を追うことや友達の大切さをまっすぐに歌う伊藤祥平。顔を見せていなかったときから情感豊かな歌そのものの力で多くの人を振り向かせてきた山根万理奈。切なさの成分を含んだしっとりした歌声が魅力の中嶋ユキノ。
 3月22日に渋谷クラブクアトロで行なわれる「100年MUSIC SHOWCASE」を前に、出演者4人が音楽に対する想いや考え方などを、とても真剣に語り合った。それぞれの個性も明確に表れたこの音楽座談会の模様をお届けしよう。

  • 伊藤祥平
  • 山根万理奈
  • 中嶋ユキノ

Page.3

  • Prev
  • Next
――そういう曲って、ありますか?
指田「あります。僕は山下達郎さんの「蒼氓」という曲。そもそも僕が音楽を目指し始めたのが中学の終わり頃なんですけど、それまでは歌手になりたいとか思ったことがなくて。で、中学2年とか3年のときに、ちょっと心の病気にかかってた時期があって、そのときは学校行ってもすぐ帰ってきて家でラジオとかCDとかをずっと聴いてたんですけど、たまたま山下達郎さんの「蒼氓」をラジオで聴いて、すごく力をもらって。なんか、生きてくことに前向きになれたんですよ。で、音楽ってこんなに力があるんだって思って。もしかしたらカウンセリングとかそういうのよりも音楽は人の心を強くしてあげられる力があるんじゃないかなってそのときに思って、それでそれまでよりもっと音楽に惹かれていって。じゃあ、自分も自分が経験したことによって人に何か力を与えられるような人間になりたいって思うようになって、それでミュージシャンを目指すようになったんです」
伊藤「自分は、最初に影響を受けたのはエリック・クラプトンだったんです。10歳からギターを弾いてたんですけど、進学塾に通い始めたときにたまたま先生がエリック・クラプトンのファンで、"ギターを弾いてます"って話したら、"じゃあエリック・クラプトンの『アンプラグド』を聴いてみなさい"って言われて。それを聴いたときに"うわ~っ"ってなって、特に「ティアーズ・イン・ヘヴン」が大好きで、あの曲を聴いたときに自分も音楽をちゃんとやっていきたいという気持ちが芽生えたんですよ。あの曲が大きかったですね」
山根「私は、人生の1曲となると、宇多田ヒカルさんの「誰かの願いが叶うころ」で……」
中嶋「イエス!!! わかる!!!」
山根「あはは。うん。なんか中学の頃から子供ながらに思ってたんですよ。例えば恋愛して、誰かが幸せになったら誰かが傷つくし、自分もそうだし、山もあるし谷もあるしとか、いろいろそういうことを考えていて、そういうことがまさにその曲に詰まってて、本当になんか、自分のなかでその曲のウエイトがありすぎて。たぶん、私はずっとあの曲を胸に生きていくのかな、ってくらいの感じです。やっぱり幸せにはなりたいし、みんな幸せでいてほしいし……」
中嶋「本当にわかります。私もそうですけど、山根さんもすごく曲と自分とを照らし合わせて聴いてるんだろうなって今思って、だから"イエス!"って思わず出ちゃいました(笑)。女の子はやっぱり恋愛観の部分で歌詞と自分を重ねて聴くことが多いですよね?!」
山根「共感して、"あ、すごくわかる! すごくいい!"ってなりますよね」
――男子チームはどうです?
指田「僕、ありますよ。僕もそっち派(笑)」
山根・中嶋「こっち派だー(笑)」
指田「けっこう僕、恋愛がナヨっちいんで(笑)。女性の恋愛の曲とか、すごく好きです。柴田淳さんの曲が大好きなんですよ。だから片思いしてるときは「片思い」って曲を聴いて、ドップリ歌詞の内容に浸かったりとか。女性側に立って聴いたりもしますね。とか、女性の歌詞なんだけど、それを自分に置き換えたりとか。柴田淳さんはよく"私"って言葉よりも"僕"って言葉を使って歌っているので、そこに自分を当てはめて聴いたりしてますね」
中嶋「あ、私も歌詞を書くとき、"ぼく"とか"きみ"って使うことが多いです。特に意識しているわけではないけど、いつのまにかそうなってる。でも、曲によって"きみ"になったり"あなた"になったりもしますね。なんだろ……。曲の主人公のイメージによるのか、その人の感情がそうさせるのか。「あなたがいるだけで」って曲があるんですけど、それは「きみがいるだけで」では成り立たなかったりするし」
指田「僕は、相手が近い感じのときには"きみ""ぼく"で、個人じゃなくてたくさんの人に向けて書いてるときは"あなた"を使いますね」
伊藤「自分もそうですね。"あなた"は不特定多数というか、広い意味で使うときで、"きみ"は特定の人にあててるイメージのときに使います」
山根「"あなた"にしても、貴方、彼方、アナタ、どの"あなた"なのかとか。うん。やっぱり考えて歌いますねぇ。それぞれだなって今思いました。面白いですね!」

進行・構成/内本順一

  • Prev
  • Next
Android用アプリ「ライブツール for 100年MUSIC SHOWCASE」

NTTdocomoよりワーナーミュージック・ジャパンプロデュースのAndroid用ライブアプリが登場。

サイリウムや拍手、掛け声などライブを盛り上げるツールが満載。100年MUSIC SHOWCASE出演のアーティスト情報、関連ニュースも掲載されているのでAndroidユーザは、是非インストールしてライブを盛り上げよう!
更に、アプリインストールをした方には、ライブ招待応募のチャンスもあります!